タクシーの運転手と楽しく会話をしてみよう!

タクシーの運転手と会話する無難なネタ

長時間タクシーを利用している間ずっと無言だと少し気まずいと思ったことはありませんか?むしろ黙ったままの方が良い場合はそのままでOKですが、折角なので何か会話がしたいと思った時、こちらからは意外と話がしづらいものです。

そんな時、まずはお天気の話からのスタートはいかがでしょうか。

タクシーの運転手は仕事柄お天気にはとても敏感です。晴れや雨、暑かったり寒かったりなどといった点からまずは会話を広げてみましょう。今日のお天気からスタートして、その前後一週間のお天気についてなど発展することも出来ます。

次にもしその運転手がラジオをかけていたら、そこからネタを拾ってみましょう。運転手にはラジオの選局に拘りのある方も結構いらっしゃるので、聞いてみて自分の分かるものがあればそれについて話をしてみると乗ってきてくれる場合があります。

ただしナイター中継などには少し注意が必要で、うっかり応援していないチームの話に持って行ってしまうと雰囲気が悪くなりかねません。

タクシーの運転手は地域情報の宝庫

タクシーの運転手は地域の色んな場所を回るので、情報通でもあります。情報は広く浅いこともありますが、地域で気になる場所があれば聞いてみると意外な情報が聞けるかもしれません。もし目的地についてあまり情報を持っていなかったりした場合は、予習としてその場所について質問してみるのもいいでしょう。

目的地まで短いことも長いこともありますが、運転手との折角のご縁を会話で上手く活かしてみてはいかがでしょうか。

役員運転手とは、公的機関のトップや顧問職の立場の人間、企業を対象に車両の運行業務を行う仕事です。さらに、乗車している人のスケジュールに合わせて行動します。