電気製品ってすごい!エンドユーザーが自作する電気製品!

電気製品は人類の進化?!

いつの時代にも最新の電気製品が発明されてきました。古い時代の電気製品を見るとレトロに感じるでしょうが、その当時としては最新の発明だったはずです。そして現代にある電気製品は、最先端の技術によってこれ以上ないくらいの完成度を誇っています。電気製品ってたくさんのアイディアが詰め込まれて作られているもので、人類の進化そのもの言ってもいいでしょう。

人は便利なものを作り出す!

人間は常に便利なものを作り出していきます。店頭に並ぶ商品は皆アイディアが満載された便利品と言えるでしょう。工夫されたものを見た時、人は素晴らしいと感じますが、電気製品は人に感動を与えるものでもあるんです。新しい電気製品を購入して初めて使った時の感動は、慣れてくると徐々に薄れていきますよね。何れ使い古した電気製品となり、その機能のありがたみも忘れてしまうものです。新しい電気製品は、使い勝手や機能がさらに追加されて進化していきますが、それは人が便利なものを生き物だからこそなんでしょうね。

自作にチャレンジ…電気製品の魅力

電気製品の自作こそ、新しい時代の幕開けに繋がります。欲しいと思う機能は使い手が考えるものですから、エンドユーザーほど新しい電気製品のイメージを持っているはずです。電気製品の自作によって改良された電気製品は多くあります。ホームセンターに行けば電気製品を作るための部品も簡単に手に入りますから、廊下のライトに人感センサーを加えたりする自作も可能です。タイマーを取り付ければ、スイッチのオンオフを設定した時間に行うこともできます。電気製品の魅力にとりつかれて、自作にチャレンジする人って多いですよ。

プリント基板実装は大きく3つあり挿入実装、表面実装、ベアチップ実装と電気をつなげる工程として大事な役割をもちます。