サポートが必須!M&Aを進める手続きを簡略化しよう!

M&Aは手続きが煩雑

M&Aを行うという決断をしたら行わなければならないことはたくさんあります。基本的な準備としてまずは譲渡企業あるいは譲受企業を探さなければなりません。自社を適切かつ客観的に評価し、抱えている問題点を明確にする必要があるでしょう。そのソリューションとして活用できるM&Aを実現するための企業を探し出すのは簡単なことではありません。そして、もし見つけられたとしても交渉をする上で何度も人材を送り込み、M&A自体には興味を持ってくれたとしても条件交渉を行うのが困難になりがちです。特に買収したい、買収されたいという考え方を持っているときに売り込みをするのは苦労が大きくなります。ある程度の口裏合わせができてしまえば互いの企業概要書を提出し、互いに企業訪問を行って条件交渉を成立させれば契約を締結することが可能です。そこに至るまでの手続きが負担になりがちなのがM&Aの問題点でしょう。

サポート企業の活用が秘訣

M&Aについてはマッチングを行うサポート企業があるので助力を依頼してみるのが効果的です。仲介企業に相談を持ちかけ、自社の資料を提供するだけで適切な評価と分析を行ってもらうことができます。そして、買収したい、あるいはされたいという希望のある企業の中から候補になる企業があればM&Aの仲介をしてもらえるのです。探して折り合いをつけるという最も大変な手続きを任せられるのは有利な点であり、その後の交渉も間に立ってくれるので円滑に進められるでしょう。

M&A(エムアンドエー)とは企業の「Mergers(合併)and Acquisitions(買収)」の略です。