通販物流の基本を知ろう!通販と出荷作業の簡単な流れ

注文が入ってからの対応

通販物流の基本となる、通販と出荷作業の流れを簡単に紹介してみますね。商品の注文が入ると、ショップの管理するアドレスへ注文内容がメールで送られてきます。内容をチェックしたら、お客様へ感謝のメッセージを入れた注文受付メールを送りましょう。

サーバーから自動送信されるようにしておけば、メールの送信を忘れてしまう心配もありません。注文内容から商品の在庫を確認し、在庫が揃っていれば注文確認メールを送ります。在庫を切らしていた場合には、メーカーや問屋へ取り寄せの確認をしなければなりません。

代金が先払いのときは、お客様からの入金が完了したらすぐに入金確認メールを送りましょう。

梱包から発送までの対応

注文内容の商品が揃ったら、出荷作業へ移っていきます。梱包前に納品書を確認し、商品が間違っていないか再度チェックすることも大事ですね。商品のサイズに合わせて、適切な梱包資材を選ぶ必要があります。

精密機器などの割れ物は、破損しないよう緩衝材を使って厳重に梱包していきましょう。箱詰めの最後に納品書を入れたことを確認し、配送用のラベルを貼れば発送準備完了です。配送業者の集荷が終わり次第、お客様へ発送完了メールを送ります。

発送完了メールには、荷物の伝票番号も記載しておくと安心です。お客様が配送状況を確認できるので、不在のリスクが減り荷物の受け取りもスムーズになります。商品の到着後しばらくしたら、改めてお礼のメールを送るのも良いでしょう。

通販物流はインターネットの普及とともに増加しています。配送業者は需要に合わせてドライバーを確保する必要があります。