個人事業主の強い味方!青色申告で税金を安く済ませる!

確定申告をするときには青色申告を使う

個人事業主が確定申告をするときには白色申告と青色申告の二つがあり、青色申告であれば税金の優遇措置が受けられます。白色申告よりも大きな優遇なので、青色申告はおススメです。青色申告をするためには帳簿を付けて、貸借対照表や損益計算書などの決算書を作る必要があります。難しいように思えますが、一般的にビジネスをしていると必要になる知識です。また、仕訳帳を付ける習慣があれば、会計ソフトが後は計算してくれるということもできます。会計ソフトはほとんどの場合、青色申告で使える形でまとめてくれるので申告時は難しくないのです。会計ソフトにまとめる事さえできれば、確定申告も怖くないです。

会計ソフトで毎月計算しておくと確定申告が楽になる

売上や経費などの計算をしっかりしておくと、確定申告の時期に慌てなくて済みます。毎月帳簿を付けていないと、直前になって時間をかけて打ち込むことになります。その月のことはその月で完結するようにしましょう。売上がいくらあって、利益がどれだけ出たのかという反省をその時にすると、翌月の頑張りにも力が入るものです。そうなるように、会計ソフトで帳簿を付ける作業は毎月すると良いのです。前月の良かったことや悪かったことを思い起こす時間にもなります。早いうちだと経費のつけ忘れもなくなりますし、その分だけ税金を安くする可能性があるのです。月末か月初にこの作業をしておくと、一か月の心の締めにもなります。その時の反省を生かして翌月をどのようにするかを決めると良いでしょう。

青色申告は、理想的な税務申告といえます。公明正大な税金徴収のあり方が問われる中、模範となる申告方法です。