会社の発展のためだけではない!メリットも期待できる社員研修

講師は目的によって選ぶ

会社の発展のために社員研修を行って社員のスキルアップを目指す方法がありますが、社員研修を行う場合、個々人に何を身に付けて欲しいか、あるいは何を学びたいのかの目的をまず、はっきりさせることが大切です。その上で講師を選びますが、社内の研修であれば会社内の経験豊富な先輩を講師に、社外の研修であれば目的の専門知識に長けた人を講師に選ぶのが一般的です。その際共通する人物像は、必要なスキルがあるだけではなく、研修を受ける人の気持ちを理解することができ、研修内容を的確に伝えることができる人を選ぶと良いです。ただの良い人でもなければ、知識が豊富なだけでもない人を講師に選べば、研修を受ける側のモチベーションもアップします。

社員研修は内容が豊富

社員研修のメニューには様々なものがあり、新入社員に対して行う研修であればビジネス上のマナーやルール、その会社で行われる業務についての説明や実習が行われます。社員のスキルアップを目的にした場合は、自分で考えて行動をすることができる自律を目指す研修や、主体者としての自覚や自信を培う研修、管理職として必要な能力を磨く研修など目的別に多彩な種類の研修があります。また、社内での研修では講師側も教えることによって得られる力を付ける事ができる、社外での研修では人脈が広がるなどのメリットも得られます。それぞれの会社のニーズや社員に合わせた研修を行えば、会社の発展に貢献できる人材を育成することが可能なのです。

社員研修とは、企業が新しく入社した従業員に向けて、業務で求められる知識や技術などを教えることを指します。