チェックシステムを導入!効率的な顧客管理でLTVの最大化

顧客LTVの最大化の基本はリピーター化

顧客LTVは企業が顧客からどれだけ利益を得られるかの指標としてしばしば誤解されます。実際には日本語では顧客生涯価値と呼ばれる指標であり、顧客視点でのパラメーターです。これは平たく言ってしまえば顧客にとって価値のあるサービスを提供しているかどうかの指標であり、その結果として購入をしてくれることから利益につながるという形になっています。そのため、顧客LTVの最大化を目指す上で重要なのは顧客にとって満足なサービスの提案を行っていくことが必須であり、それによってリピーター化できればLTVが高まっていると言えるでしょう。これを合理的に行えるようにするためには体系を構築することが重要です。

ストーリーの構築とチェックシステムの導入が合理的

合理的な顧客LTV最大化を行うためのモデルシステムとして、リピーター化のためのストーリーの構築とチェックシステムの導入があります。リピーター化を行うために定期的にDMを発送して限定クーポンを渡し、そのタイミングでの利用を促すというのは基本的なアプローチです。それが正しく行われたかを顧客管理システム上でチェックするシステムを現場で運用し、上司が管理するといった形のシステムは合理的でしょう。その履歴を確認することで顧客の購入周期が明らかになり、DMの発想周期を変更してコスト削減を目指すことも可能です。このような簡単な形で体系化を行うことがリピーター化には必須であり、未実施を防ぐためのチェックシステムを導入しておけば確実に実施できるでしょう。

顧客LTV最大化をとは、一回当たりの平均的な購入単価や期間中の購入頻度を引き上げつつ取引期間を延ばし、顧客獲得・維持に関わるコストを削減する、そういったことを指します。