思わず立ち止まる売り場作り!音声POPを活用しよう

そもそも音声POPとは?

音声POPとは赤外線センサーで人影を感知して音声を自動再生する装置のことです。来客へのあいさつ、商品説明、誘導などさまざまな声掛けを自動化します。

音声POPを導入するメリット

音声POPを使用するメリットは3つあります。1つ目は人件費が削減できることです。店員による販売促進は売上増加が期待できますが、人数を増やすほど人件費がかかってしまいます。しかし音声POPなら音声を1度録音すれば自動で流れてくれるので人件費は不要です。2つ目は場所をとらないということです。音声POPはコンパクトであることに加え、電池で稼働するためコンセントがいりません。店頭のちょっとした置き場所に配置することができ、商品陳列の邪魔になりません。3つ目はメンテナンスが簡単なことです。音声POPはシンプルな設計になっているので機械の操作が苦手な人でも扱いやすいです。難しい設定もなく、録音したデータをすぐに流すことができます。

音声POPによって得られる効果

音声POPは聴覚に訴えかけるプロモーション方法です。人間の認知する情報はほとんどが視覚によるものですが、その多くは無駄な情報として省かれてしまいます。しかし聴覚に刺激を与える音声は来店者の意識に働きかけるので注意を引き付ける作用があります。また、店舗やブランドの印象を潜在的に与えるイメージ効果、音によって感情をコントロールする感情誘導効果も音声POPがもたらす効果です。

ディスプレーを工夫しよう

音声POPを導入したのち、最も大切になってくることは実際のディスプレーです。たとえば音声POPという聴覚への働きかけと並行して、手書きのPOPなどの視覚への働きかけができる仕組みがあればより高い販売促進効果が期待できます。

音声POPとは、人影を感知して音声を自動再生する手のひらサイズの装置です。お店に入って来たお客様に声かけなど、商品説明などで使われています。