病院の救世主!電子カルテってどんなもの?

そもそも電子カルテって何?

これまでの病院では紙媒介のカルテが一般的でしたが、電子カルテは名前の通り紙媒介で利用されていたカルテを全て電子化・コンピューター管理にしたものを指しています。そのためカルテに記入する際にはパソコンやタブレットなどを利用して入力するようになっていて、入力されたデータは全て共有する事ができるようになっています。またスタッフ一人ひとりや患者に投与する薬もバーコード管理するなど、全ての情報がデータ化されていると言うところも特徴です。

電子カルテを導入するメリットは?

電子カルテの最大のメリットは情報を間違えることなく共有することができるというところで、自動で間違いをチェックしてくれる機能もあるので正確なレセプト・カルテを作成する事ができます。また入力された情報がすぐに反映されるので外来での受付や会計も効率よくできるようになるので、待ち時間の短縮にも繋がっています。さらにスタッフや患者に関するものがほとんどデータ化されるので患者に投与する薬のミスなどを予防することが出来るというところから、安全性を高める事ができるというメリットもあります。

電子カルテのデメリットは?

そんな電子カルテにはデメリットもあり、例えば入力に時間がかかりやすいというところがあります。特にデータ入力に慣れていない人は慣れるまでに時間がかかってしまいますし、もしもパソコンなどが故障してしまうと電子カルテそのものが使えなくなってしまうため業務に支障が出てしまう恐れがあります。ほかにも導入するためにはある程度の費用が必要になってくるため導入を躊躇していると言う病院も多く、まだまだ普及が進んでいないと言う現状も問題視されています。

カルテを電子化することで、情報化によって作業効率がかなり上がります。正確にレセプトを作成でき、全体的なコスト面を考えても電子カルテを導入すると便利です。