Browse Day

6月 28, 2017

サポートが必須!M&Aを進める手続きを簡略化しよう!

M&Aは手続きが煩雑M&Aを行うという決断をしたら行わなければならないことはたくさんあります。基本的な準備としてまずは譲渡企業あるいは譲受企業を探さなければなりません。自社を適切かつ客観的に評価し、抱えている問題点を明確にする必要があるでしょう。そのソリューションとして活用できるM&Aを実現するための企業を探し出すのは簡単なことではありません。そして、もし見つけられたとしても交渉をする上で何度も人材を送り込み、M&A自体には興味を持ってくれたとしても条件交渉を行うのが困難になりがちです。特に買収…

Keep Reading

提案力を重視しよう!良い物流会社の選び方とは?

物流会社はコストとサービスのバランスが重要ECに特化して通販による事業を行っていきたいときには物流会社の活用がキーポイントになります。いかに効率的な物流を行えるようにするかが顧客からの信頼を勝ち取ることにつながるだけでなく、コストを削減して利益を増やすのにもつながるからです。物流会社の選び方として重要なのはコストとサービスのバランスを考えることであり、比較を行って決めるようにしましょう。コンペティションを行うか、相見積もりを取るのが基本的な戦略です。必要なサービス要件を最初にまとめておき、それに…

Keep Reading

通販物流の基本を知ろう!通販と出荷作業の簡単な流れ

注文が入ってからの対応通販物流の基本となる、通販と出荷作業の流れを簡単に紹介してみますね。商品の注文が入ると、ショップの管理するアドレスへ注文内容がメールで送られてきます。内容をチェックしたら、お客様へ感謝のメッセージを入れた注文受付メールを送りましょう。 サーバーから自動送信されるようにしておけば、メールの送信を忘れてしまう心配もありません。注文内容から商品の在庫を確認し、在庫が揃っていれば注文確認メールを送ります。在庫を切らしていた場合には、メーカーや問屋へ取り寄せの確認をしなければなりませ…

Keep Reading

英語サイトは基本!ウェブサイトを使うときは英語だけでも十分?

世界への情報発信に欠かせないウェブサイトの英語化ウェブサイトを作成して世界に向けて情報発信を行っていくためには英語化が不可欠になっています。企業のホームページを作成するときにも欠かせないのが日本語ページに加えて英語に翻訳したページを用意することであり、企業としての存在を世界に知らしめるための常識になっているのが現状です。しかし、グローバル化が進むと共に各国を個々に重視する傾向も強くなってきています。少し前まではウェブサイトは英語化すれば世界対応という印象がありましたが、それでは不十分になってきて…

Keep Reading

押さえておきたい!白色申告のメリット・デメリット

事業をはじめたら帳簿の記帳と保管の義務事業をはじめたら、まず帳簿を準備し、しっかりとお金の出入りを記帳し、保管していかなければなりません。これは、平成26年分の確定申告から義務化されたものです。そして、毎年必ず税金の確定申告をしなければなりません。確定申告は白色と青色に分かれる確定申告には、白色申告と青色申告の2つに分けられます。青色申告を選択する場合には、事前に必ず税務署に申請しておかなければならないので、ここは注意が必要です。白色・青色の違いとはところで、白色申告と青色申告の違いとは、簡単に…

Keep Reading

個人事業主の強い味方!青色申告で税金を安く済ませる!

確定申告をするときには青色申告を使う個人事業主が確定申告をするときには白色申告と青色申告の二つがあり、青色申告であれば税金の優遇措置が受けられます。白色申告よりも大きな優遇なので、青色申告はおススメです。青色申告をするためには帳簿を付けて、貸借対照表や損益計算書などの決算書を作る必要があります。難しいように思えますが、一般的にビジネスをしていると必要になる知識です。また、仕訳帳を付ける習慣があれば、会計ソフトが後は計算してくれるということもできます。会計ソフトはほとんどの場合、青色申告で使える形…

Keep Reading

会社の発展のためだけではない!メリットも期待できる社員研修

講師は目的によって選ぶ会社の発展のために社員研修を行って社員のスキルアップを目指す方法がありますが、社員研修を行う場合、個々人に何を身に付けて欲しいか、あるいは何を学びたいのかの目的をまず、はっきりさせることが大切です。その上で講師を選びますが、社内の研修であれば会社内の経験豊富な先輩を講師に、社外の研修であれば目的の専門知識に長けた人を講師に選ぶのが一般的です。その際共通する人物像は、必要なスキルがあるだけではなく、研修を受ける人の気持ちを理解することができ、研修内容を的確に伝えることができる…

Keep Reading

内定者フォロー研修は会社を理解するためのものです

内定はもらったが入社を真剣に考える機会です学生の就職活動は生涯の中で一度だけの経験です。就職が中々決まらずに一年がかりで、ようやく内定をもらった人もいるでしょう。折角の楽しい学生生活を就職のために一年間棒に振るのです。会社訪問も5社程度であれば記憶にありますが、30~50社もアタックしておれば頭の中は入り乱れています。会社の採用担当者もそのような学生の精神状態を把握しています。内定は出したが本当に当社に入社してくれるのか不安があるのです。面接の時は入社のことしか頭にありませんから、冷静になって考…

Keep Reading

顧客アプローチの為の技法を学べるe-ラーニングの魅力

e-ラーニングを利用した顧客開拓既存の顧客からの指示を受けながら、新規の顧客を開拓するにあたり、顧客アプローチの技法をしっかりと習得する必要があります。近年では、営業職のスタッフの育成に努めている企業が珍しくありませんが、様々な年齢層の顧客に商品やサービスの魅力を伝えるにあたり、端的に説明ができる能力を身につけることが大事です。そこで、e-ラーニングを営業職を対象とした研修の機会に利用することで、集合研修の時間を取ることが難しい企業であっても、それぞれの従業員のスキルアップのための取り組みを行う…

Keep Reading

チェックシステムを導入!効率的な顧客管理でLTVの最大化

顧客LTVの最大化の基本はリピーター化顧客LTVは企業が顧客からどれだけ利益を得られるかの指標としてしばしば誤解されます。実際には日本語では顧客生涯価値と呼ばれる指標であり、顧客視点でのパラメーターです。これは平たく言ってしまえば顧客にとって価値のあるサービスを提供しているかどうかの指標であり、その結果として購入をしてくれることから利益につながるという形になっています。そのため、顧客LTVの最大化を目指す上で重要なのは顧客にとって満足なサービスの提案を行っていくことが必須であり、それによってリピ…

Keep Reading
  • 1
  • 2